今すぐ病院へ行くべき腰痛の見きわめ方

2018/03/11
腰痛

 

セルフケアで楽になる腰痛から危険な腰痛まで

 

 

腰痛は多くの人が経験する症状です。

 

腰痛とは、不快感の総称です。

 

腰痛は「腰痛という病気」ではなく、

 

腰部(一番下の肋骨から臀部を含む領域)を主とした、

 

痛みやハリなどの不快感といった症状の総称です。

 

座骨神経痛などの脚の症状を伴う場合も腰痛に含みます。

 

腰痛の確立した定義はないのですが、疼痛部位・発症からの期間・原因などによって、腰痛をいくつかのタイプに分類することができます。

 

 

腰痛の深刻度には3段階あります

 

1.セルフケアで楽になる腰痛


2.整体院やマッサージ治療院で施術をすれば改善が見込める腰痛


3.医療機関へ行くべき腰痛

 

どのレベルなのか判断がつきかねる事があります。

 

今回はその中の1つ、

 

「今すぐ医療機関へ行くべき腰痛の見きわめ方」

 

についてお話ししていきます。

 

 

危険な腰痛の見きわめ方

 

 

危険その1


レッドフラッグサインがあったら、今すぐ医療機関へいきましょう

 

医療機関を受診しなくてはならない腰痛の目安として、

 

「ヨーロッパ腰痛ガイドライン」の中の腰痛診療の「レッドフラッグ」があります。

 

以下がレッドフラッグサインです。当てはまる場合は、医療機関を受診してください。

 

〇 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)


〇 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)


〇 胸部痛


〇 悪性腫瘍の病歴


〇 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴


〇 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ


〇 全般的な体調不良


〇 原因不明の体重減少


〇 腰部の強い屈曲制限の持続


〇 脊椎叩打痛


〇 身体の変形


〇 発熱


〇 膀胱直腸障害とサドル麻痺

 

 

危険その2


レッドフラッグサインがなくても、以下の症状があらわれているときは、医療機関を受診しましょう。

 

1.座骨神経痛で、特に足の痛みやしびれに加えて、次の症状があるとき


〇 尿(便が)が出づらい・出ない
〇 足の力が入りづらい(片足立ちがしづらい、踵あるいはつま先立ちでスムーズに歩けない)

 

 

2.感染性脊椎炎(化膿性脊椎炎・結核性脊椎炎)または癌の転移等の脊椎の腫瘍、および解離性大動脈瘤等による原因があきらかな腰痛に伴い、次の症状があるとき


〇 安静にしていても痛い(横になっていても痛みが楽にならない)


〇 熱がある(特に夕方、微熱でも注意を要します)


〇 体調がすぐれない(冷や汗、動悸、倦怠感など)


〇 最近理由も無く体重が減ってきた


〇 癌や結核を患ったことがある、または、コントロールされていない糖尿病あるいは高血圧がある


〇 鎮痛薬を1か月近く使用しているのに腰痛が良くならない

 

 

まとめ

 

 

腰痛の深刻度には

 

1.セルフケアで楽になる腰痛

 

2.整体院やマッサージ治療院で施術をすれば改善が見込める腰痛

 

3.医療機関へ行くべき腰痛

 

の3段階がありました。

 

 

何でもない腰痛だと思っていた痛みが、

 

実は大きな病気からくる痛みだった、

 

ということもあります。

 


当院にも、

 

「腰痛と脇腹の痛みが、肝臓がんからくる痛み」であったり、

 

「腰痛と肋骨の痛みが、骨髄腫からくる痛みだった」

 

という方が、ご来院になったことがあります。

 

すぐに病院に行っていただくようにお願いしました。

 

腰痛を必要以上に怖がることはよくありませんが、

 

軽く見過ぎるのもよくないですね。

 

少しでもお役に立ちますように。