台所・キッチンに立つときの腰痛対策

2019/04/01
台所

腰痛で台所・キッチンに立つのが辛いときの対策は?

 

女性が1日に、お台所やキッチンで、料理をしたり洗い物をする時間はどのくらいだと思いますか?

 

平均2時間程度は、キッチンにいるのだそうです。

 

一日3食自炊をする方は、もっと長い時間を台所で過ごすことになりますね。

 

台所での一番多い姿勢は、流しで洗い物をしたり、包丁で切る作業をするときの、立ち姿勢ではないでしょうか。

 

腰が痛いときに、キッチンに向かって長時間の立ち仕事をするのは、とても辛いものです。

 

そんな時にオススメしたい腰痛対策があります。

 

足の立ち幅と重心

 

普段自分が、キッチンに立つときの、足の立ち幅や重心の位置を考えてみたことがありますか?

 

意外と、立ち幅は狭く、そして、どちらか片方の足に体重を乗せていたり、体が傾いたまま作業をしていることが多いものなのです。

 

1.足の立ち幅を広くしましょう

 

腰痛対策として、まず最初に改善していただきたいこととして「足の立ち幅を、肘の幅より広く」していただきたいのです。

 

〇包丁を使っているときの肘の幅より広く

〇洗い物をしているときの肘の幅より広く

〇炒め物をしているときの肘の幅より広く

 

足を立ち幅を広くしてみて下さい。

 

肘の幅より広く立とうとすると、意外と大股になります。

 

たとえば、物を立たせておくときには、一番下の面が広いほど、上は安定します。

 

人の体も同じように考えてみると、わかりやすいでしょう。

 

足の立ち幅を、肘の幅より広くして立てば、一番下の面積が広くなり、腰や肩などの体幹は安定します。

 

腰や肩が安定していれば、必要以上に腰に力をいれることがなくなりますので、腰への負担がへります。

 

2.左右の足に均等に重心をかけましょう

 

あちこちに手を伸ばしたり、一度にいくつかの動作をこなそうとすると、左右の足に均等に体重をかけることは、難しいかもしれません。

 

しかし、どちらか片方の足に体重を乗せて立つクセがあったり、ねじれた姿勢のまま作業を続けることは、腰への負担が増すことになります。

 

なるべく、左右均等に立てるように、練習してみてください。

 

 

以上、台所・キッチンでの腰痛対策のひとつをご紹介しました。

ぜひ、お試し下さい。

 

腰に負担をかけずに、毎日の家事を快適にこなしたいですね。

 

それでも、腰痛で家事が辛いとお悩みでしたら、「高度姿勢矯正士」のいる、当整体院にご相談ください。

 

骨格や姿勢の改善、セルフケアのサポートをいたします。