腰痛・背中のコリに「腰ひねりエクササイズ」がおすすめ

2019/04/23
腰

腰痛・背中のコリが辛いとき

 

忙しいときや体が辛いときは、体操を行うことすらも面倒になってしまいますね。

 

今日は、椅子に座ったままできる、腰痛や背中のコリ解消のための簡単なエクササイズをお伝えします。

 

疲れを感じる前や疲れを感じた時に、おこなってみてください。

 

腰痛解消のための腰ひねりエクササイズ

 

1.腕を水平に張ります

 

2.息を吸いながらゆっくりと腰を回旋させます

 

3.息を少し止めます

 

4.一気に息を吐きながら、元の位置に戻します

 

5.1番から4番までを左右2回ずつ行いましょう

 

注:痛みを感じたら、エクササイズを中止してください。

 

腰痛解消には腹筋が大切です

 

人は起きている間中、重力に対抗して体を立たせています。

 

ですから、座っているだけ、立っているだけでも、腰に負担がかかっています。

 

そこで、重力からの影響を少なくために、背骨にはS字弯曲というたわみがあり、重力をうまく逃がせるような仕組みになっています。

 

しかし、それでも腰には負担がかかります。

 

ここで注目したいのが、腰を支える腹筋です。

 

腹筋というのは、お腹周りの筋肉のことをいいます。

 

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の4つをさします。

 

この4つの筋肉の中でも、特に腹横筋という筋肉がきちんと働くと、腹圧とよばれる、お腹の中への圧が高まり、腰を支える手助けをしてくれます。

 

背中のS字カーブだけでは、腰が重力に対抗しようとするのには、物足りません。

 

それならば、腹圧に手助けしてもらいましょう!というわけです。

 

腹圧を高めるためには、腹筋を鍛えることが大切ですが、

 

腰痛予防と解消・背中のコリ解消のためのエクササイズでしたら、きついトレーニングは必要ありません。

 

特に、妊娠や加齢、肥満や運動不足などによって、腹筋の筋力が低下している方は、腰を補助することができなくなっていますので、普通の方よりも腰に負担がかかる状態になっています。

 

このようなときには、腰ひねりエクササイズで腹筋を動かすことからはじめて、腹圧を高める練習をしていきましょう。

 

以上ここまで、腰ひねりエクササイズについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

腰も背中も、楽になるといいですね。