脊柱管狭窄症と当院の施術について

2019/08/09
脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症でお困りではありませんか?

 

・ 長い距離を続けて歩けない

 

・ 休み休み歩く

 

・ 背筋を伸ばして歩くと辛い

 

・ ふとももの裏、膝の裏、ふくらはぎに痛みやしびれが出る

 

・ 前かがみになったり、椅子に座ったり、自転車をこぐと楽になる

 

・ 腰痛はそれほどひどくない

 

腰部脊柱管狭窄症の方は、このような症状を訴えることが多いようです。

 

このような辛さを訴える方への当院の施術は、自然治癒力のある場所を素早く探して、治ろうとする力を最大限に高めて症状を改善していくという方法をとっています。

 

それは、自然治癒力のスイッチを入れることが、脊柱管狭窄症の改善への一番の近道だと考えているからです。

 

実は、脊柱管狭窄症は、いくつかの原因が複雑に絡み合っていることや、原因である脊柱管と症状の出ている足腰が離れているので、一般的には脊柱管狭窄症は治しにくいと考えられています。

 

中には、手術をしても症状が改善されないケースもみられるようです。

 

当院では、「治ろうとする力」を最大限に高めるために、背骨や周りの筋肉、血液の流れ、脳脊髄液の流れ、神経の働きなどの、全身を調整しながらバランスを整えていきます。

 

そのための方法として、優しく繊細なタッチのマッサージと妙見活法という方法を取り入れています。

 

妙見活法という整体法に聞きなじみのない方も多いと思いますが、痛みや辛さを安全にすみやかに取りのぞいて、治癒力を最大限に高めてくれる千年の歴史のある日本伝統の整体法です。

 

当院では、けっして脊柱管狭窄症のある背中を、強く押したり揉んだり、バキバキと矯正するようなことはいたしません。また、痛みやしびれのでている腰や脚だけを、強く押したり揉んだりするようなこともありません。

 

自然治癒力のスイッチが入った瞬間に「あれ?痛みが楽になりました」「さっきまでは、辛かったんですよ。不思議」という感想をいただくことがあります。

 

どこに行ってもお手上げで、手におえない手間のかかる症状をかかえてお困りの女性をサポートしてまいります。

 

次に、具体的に腰部脊柱管狭窄症について、お話ししていきます。

 

1.脊柱管の構造と働きについて

 

脊柱とは、「背骨」と呼ばれている体の柱となる部分です。そして「脊柱管」というのは、背骨の中にある「神経が通るトンネル」のことです。

 

「脊柱管」というトンネルの中は、背骨、神経、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれています。

 

神経は、脳からの信号を全身に伝えたり、全身から送られてくる信号を脳に伝えるという重要な働きをしています。その神経が通るトンネルですから、脊柱管がいかに重要かということがご理解いただけるかと思います。

 

2.脊柱管狭窄症の原因とは

 

加齢、労働による負担、姿勢の悪さ、加齢による脊椎すべり症や脊椎分離すべり症、などがあることによって脊柱に負担がかかります。やがて、変形した椎間板や変形した背骨、厚くなった靱帯などが脊柱管の中を狭くしてしまいます。

 

それによって脊柱管の中を通る神経が圧迫を受けてしまい、神経の血流が低下して、脊柱管狭窄症が発症します。脊柱管狭窄症の一番大きな原因は、加齢だと考えられています。

 

3.脊柱管狭窄症の3つの分類

 

1.馬尾型
脊柱管の中心部分が圧迫されているものです。両側の下肢のしびれ感や痛み、さらには冷感などの異常感覚や、時には排尿障害(膀胱直腸障害)が起きる場合があります。

 

2.神経根型
これは馬尾神経から分かれた後の神経根が圧迫される場合のものです。臀部から下肢にかけての痛みが起きますが、その多くは片側に症状が起きます。

 

3.混合型
馬尾型と神経根型の両方の症状が起きる場合は「混合型」と呼ばれます。

 

まとめ

 

脊柱管狭窄症は、背骨の中の神経のトンネルが狭くなることで神経が圧迫を受けて、腰から脚にかけての痛みやしびれがでる症状です。

 

体全体のつながりを調整しながらバランスと整えると、自然治癒力のスイッチが入る瞬間があり、そのときから、脊柱管狭窄症という症状は改善の方向に向かいます。

 

その他にも、精神面や生活習慣のご指導・体操などもしっかりサポートさせて頂きます。

 

お体が気になるときは、一度ご相談ください。