四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と当院の施術について

2020/05/21
五十肩

横浜VISSEマッサージ治療院から四十肩・五十肩でお悩みのあなたへ

 

肩の痛み

夜中の肩の痛み

・肩や腕の動きが制限される

衣服の脱ぎ着ができない

ズボンをあげることができない

洗顔・シャンプーができない

歯磨きができない

 

四十肩・五十肩の方は、このような症状を訴えることが多いようです。

 

四十肩・五十肩への当院の施術について

 

肩の痛みを訴える方への当院の施術は、お体の治癒力を最大限に高めて症状を改善していくという方法をとっています。痛みを伴わないことと、気持ち良さを感じる施術法を受けて頂くことで、治癒力のスイッチが入り、四十肩・五十肩の改善への一番の近道になります。

 

「楽になりました」「あれ?痛くないです」というお声をいただいております

 

四十肩・五十肩でお困りの方は、もともと猫背や肩こりがあるだけでなく、骨格のネジレやユガミのある方が多いので、肩周りの細かい調整だけでなく、全身の骨格調整も欠かせません。

 

当院では、治ろうとする力を最大限に高めるために、繊細で高度なマッサージ妙見活法で、肩回りと全身のバランスを整えていきます。

 

妙見活法という整体法に聞きなじみのない方も多いと思いますが、痛みや辛さを安全にすみやかに取りのぞいて、治癒力を最大限に高めてくれる千年前から現代に伝えられている日本古来の整体法です。

 

当院では、痛みや動きづらい肩回りを、バキバキと矯正したり、強く押したり揉むようなことはいたしません。

 

繊細で高度な施術をすることで、自然治癒力のスイッチが入った瞬間に「痛みが楽になりました」「さっきまでは、辛かったんですよ。不思議」という感想をいただくことがあります。

 

どこに行ってもお手上げで、手におえない手間のかかる症状をかかえてお困りの女性をサポートしておりますので、辛さがあるのでしたら一度ご相談ください。

 

次に、四十肩・五十肩のお話しをしていきますね。

 

四十肩・五十肩とは

 

40~60代のかたに起こりやすく、怪我をした覚えがないのに、肩の強い痛みと動きの制限がおきる疾患です。夜中にズキズキと痛み眠れなくなることもあります。肩関節周囲炎のひとつです。ちなみに、四十肩と五十肩は、同じ疾患です。

凍結肩とかfrozen shoulderとも呼ばれます。

 

 

豆知識!

江戸時代の国語辞典「俚言集覧」に、すでに五十肩という言葉が記載されています。

 

四十肩・五十肩になりやすい方

 

・50才代を中心とした中年以降のかた

・猫背や肩こりがあり疲労や負担がたまっているかた

・糖尿病などの疾患のあるかた

 

四十肩・五十肩の原因

 

肩関節まわりの骨・靱帯・腱などに、加齢による炎症が起きることが主な原因です。また、肩関節の動きを良くするための肩峰下滑液包という袋や、肩関節を包む関節包というところが癒着すると、動きが悪くなります。

 

 

四十肩・五十肩の時期による呼び方

 

1.急性期(フリージング期)

・痛みが一番強い時期です

・髪をとかす・洗濯物を干すとき、などに動きづらさがでます

 

2.慢性期(フローズン期)

・痛みは少し軽くなります

・関節可動域制限があるので日常動作が大変な時期です

 

3.回復期(ソーイング期)

・痛みも肩の関節可動域も改善してきます

 

当院でのセルフケア指導

 

痛みの出ない範囲で起こっていただくセルフケアをお伝えしています。

 

肩の上げ下げ体操がオススメです

 

1. 肩先を耳に近づけて10秒数えます。充分に肩に力を入れた後で、肩の力を抜きます。

 

2.5秒かけてゆっくり肩をおろす(急激に下ろさないでくださいね)。

 

その他にも、痛みがある時期の、体の使い方のアドバイスもしておりますので、困ったことがありましたら、遠慮なく聞いて下さいね。

 

四十肩・五十肩でお悩みでしたら、痛みや動きづらさを我慢しないで、ぜひ当院にご相談下さい。