横浜の整体院・横浜VISSEマッサージ治療院の院長紹介

横浜VISSEマッサージ治療院の院長プロフィール

院長

糸山礼子

はじめまして。


数ある治療院のHPの中から、横浜VISSEマッサージ治療院のホームページをご覧をいただきまして、ありがとうございます。


貴方が今このページにたどり着いたということは、「痛みや不調で、どうしたらよいのかわからない」「女性が安心して通える横浜の整体院を探している」「完全予約制の整体院を探している」という事ではないでしょうか。


自分にあう整体院を探すというのは、不安を感じると同時に、宝探しのように途方もない作業だと思います。


当院ではどこに行っても良くならない女性をサポートします。

骨盤と脊椎のリセットと、全身の関節の丁寧な調整を得意としており、患者さまの笑顔を拝見することが喜びです。

自己紹介

みなさまに安心していただけるように、まずは私の自己紹介をさせていただきます。
院長の糸山礼子です。

まずは、私の経歴をお話しさせてください。

私は、短大卒業後約20年間銀行に勤めていました。銀行での仕事というのは、肉体的にも精神的にも緊張感を感じるお仕事でした。
それに加えて、相次ぐ肉親との別れを経験することになり、心身ともにバランスを崩した私は、毎日が不調との戦いでした。
当時は若くて体力もあったので、テニスなどの一見健康的なこともしました。
でも体を動かしているその時は楽しくても、体は辛い毎日の繰り返し。今振り返ってみると、よく頑張ったと思います。
それだけの不調を抱えていましたから、当時はあらゆる治療や施術を試してみましたが、心と体が楽になった、という感覚を得られたことはありませんでした。

しかし、その中でも唯一「癒やされる」と心を惹かれたのが、アロマセラピーでした。
精油の香りを楽しんでいるうちに「学んでみたい」という気持ちになり、銀行勤めの帰りにアロマテラピースクールに通い、勤めを続けながらアロマセラピストの資格を取ってしまいました。
精油の化学成分や解剖生理学という、はじめて学ぶ分野の勉強に心が躍り、今振り返っても楽しかった記憶がよみがえります。そして遂には銀行を退職し、IFA認定アロマセラピストとしてホリスティックスクールニールズヤードレメディーズの表参道校でアロマセラピーの講師をさせていただくことになりました。

人前に立って話をすることが大の苦手だったはずなのに、いつの間にか人前に立ち、アロマセラピーや健康ついての講義をしている自分が不思議でした。
また同時に、自身でもスクールを立ち上げて多くの生徒さまに指導させていただく機会も得ました。
健康への意識の高い女性に関わることができた経験は、今でも私の宝物になっています。そして、香りに助けられた私は、心と体の痛みや不調が徐々に軽くなり、普通に生活できるようになっていきました。

病院でもとりいれたい

さて、その頃の海外では、病院内でアロマトリートメントを取り入れているところも少なくありませんでしたが、日本ではまだ代替医療としての地位は確立されていませんでした。
そのような中、脳神経外科(くどうちあき脳神経外科クリニック)と婦人科の二つの病院から「ぜひうちの病院でもアロマトリートメントを取り入れたい」というお申し出を受けて、病院内で外来の患者さまの施術を担当させていただく機会を得ました。日本でアロマトリートメントが医療の現場に入った、数少ない例です。医師の治療や薬を必要としている通院中の患者さんへの施術は、症状の改善に時間がかかったり、良い状態が長続きしないなど、とても大変でした。それでも患者さまから「楽になりました」「またお願いします」と言われて、とても嬉しかったのと同時に「患者さんの辛い症状を、もっと良くするためにはどうしたらよいのか?」「病気のことをもっと学ばなければいけない」「人様の体に触れるためには、あん摩マッサージ指圧師という国家資格を取得する必要があるのではないか?」という思いがわいてきました。

手には凄い力が宿っている

アロマトリートメントの経験を通じて、人の手には凄い力が宿っている、ということを感じはじめました。

未熟な私の手にさえ癒される方がいらっしゃるのなら、あん摩・マッサージ・指圧という技術や、手に宿っている目に見えない力を借りれば、もっと病いに苦しむ方の力になれるかもしれないと思ったのです。

一大決心をして治療師になる

そして一大決心をして「あんまマッサージ指圧師」になるために、長生学園という専門学校へ入学しました。

こちらの専門学校を選んだ理由は、不調を良くしていくための「三位一体(脊椎矯正・精神療法・プラーナ療法)」という長生医学の考え方に共感したからです。
そして三年間、医学の理論や技術などを学び、念願のあん摩マッサージ指圧師になることができました。
卒業後は、長生学園臨床実習室や、訪問リハビリマッサージで臨床経験を積みました。その当時、まだ技術も経験も未熟だった私の施術を喜んで受けてくださった患者さまたちに、臨床家としての私を育てていただきました。感謝の気持ちで一杯です。

人生最大の不調を経験する

治療家としてあゆみ始めていた私ですが、足首のケガをきっかけに全身のバランスを崩し、あちこちを不調がおそってきました。

両膝の痛み
足に力が入らないから自力で立ち上がれない
3週間連続のぎっくり腰
手指・足の先まで、どこもかしこもおかしい
全身の不調
本当に辛かったです。

そして、とうとう治療の仕事ができなくなり、しばらくお休みをすることになりました。
痛みと不調を改善してくれそうなあらゆる方法を探していた時に、今の整体の師匠と出会いました。あるとき師匠は、私がそれまでに出会ったことのない方法で、体を楽にしてくれたのです。

その手法は、体をふわふわと優しく触れているだけのように感じるやり方で、痛みも辛さもないものでした。施術後は体に羽が生えたように軽くなったことを覚えています。
「治療は、痛い方が効いている」という認識は、その瞬間音を立てて崩れました。
優しい施術にであい、治療を重ねていくうちに痛みと決別し、健康を取りもどした私は、再び患者さまのための治療の世界にもどることができました。

笑顔あふれる人生を歩んでいただきたい

私にできること、それは、どこに行っても良くならないと悩んでいる女性を救うことです。

体中の痛みに苦しみ、心身ともに辛かったあの当時の私と同じ思いをしている女性に、笑顔を取り戻していただきたいのです。
私の力の及ばない方もいらっしゃるかもしれません。でも、少しでも楽になっていただきたいと思いながら患者さまと向き合っています。
痛みや不調が改善されて、笑顔が戻ったときの患者さまのお顔は本当に素敵です。
この治療院が、あなたらしい人生を歩むきっかけになれば嬉しいのです。

その人がその人らしく生きるためのサポートをします

私自身が体中の痛みを経験をしたこと、さまざまな代替療法を学んだことなどから、「凝っているところを揉むだけ」という1つの角度からの方法ではなく、あなたを丸ごと診て癒やすという方法をとっています。

人は、心・体・エネルギーなどの集合体だからです。

院の名前は「マッサージ治療院」ですが、貴方を癒やすことも目指しています。

〇 身体のあちこちに不調があって、どこに相談したらよいのかわからない
〇 どこに行ってもなかなか良くならない
〇 女性の不調を理解してもらえる治療院を探している
〇 女性専用の整体院を探している
〇 女性施術者に施術してもらいたい
〇 待ち時間のない完全予約制の整体院を探している
〇 大人の女性が落ち着ける治療院が見つからない

お困りのことがありましたら、一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。