右手親指のバネ指が改善して、あきらかに体調が良くなりました

2018/05/01
バネ指

右手が(親指)バネ指になってしまい、曲げることができませんでした。体が軽くなる自分でできるストレッチを教えてもらえる日常で気をつけたらいい事などを相談できる、そんなところがよいと思ったN様の感想です。

 

 

 

当院に来院される前はどんなことで悩んでいましたか?

 

 

右手が(親指)バネ指になってしまい、曲げることができませんでした。

 

 

なぜ継続して来院しようと思われましたか?

 

 

あきらかに体調が良くなった事。

 

 

実際に通院されているご感想や、ご自身の変化などを教えて下さい

 

 

体が軽くなる。

 

自分でできるストレッチを教えてもらえる。

 

日常、気をつけたらいい事など、相談できる。

 

Y・N様(54才)

 

※個人の感想です。結果には個人差があります。

 

 

糸山より

 

 

はじめてご来院いただいたときは、右手親指にテーピングをしていらっしゃり、痛みもあり、曲げることもできなくて、とてもお困りのご様子でした。

 

日常の生活習慣や、お仕事でのご様子などを伺わせていただき、その上で体の使い方やストレッチ、親指のケアの方法などもお話しさせていただきました。

 

右手の親指が腱鞘炎になるということは、指だけの問題ではなくて、体全体を整えていくことが大切だということを、しっかり理解していただき、ストレッチや椅子の座り方などのケアを続けていった結果、今では体全体の調子が良くなり、腱鞘炎だったことが嘘のようですね。

 

本当に良かったです。

 

現在はとても体調が良いので、日々のお疲れを自分でケアしていただきつつ、たまにケアのためにご来院いただいています。

 

健康に毎日を過ごせるように、引き続きサポートさせていただきます。

 

お大事になさって下さいね。